水素水は効果なし、という噂が気になる!

ab

活性酸素を除去して、健康やアンチエイジングによいと話題の水素水。

芸能人やモデルさんたちにもたくさん愛用している人がいて、とても効果があるというイメージがある一方、実際は水素水は効果なしであるとの噂もちらほら耳にします。

水素水は本当に効果があるのか、それとも効果なしなのでしょうか。

水素水は、飲み続けなければ効果なし

水素は、私たちの体に悪さをする活性酸素を除去する働きがあることから、水素を体に取り入れることで健康や美容、ダイエット、老化防止などにさまざまなメリットがあることがわかっています。

その水素を最も手軽に取り入れられるのが、飲用水に水素をたっぷり含ませた水素水。水素水を飲むと、10分ほどで水素が体に吸収され、活性酸素の除去作業を始めるのです。

水素という気体は宇宙一サイズの小さい分子なので、体をすり抜けて出入りができ、体のいたるところに入り込むことができます。

ですから、脳や子宮へも入っていき、体じゅうを悪玉活性酸素から守ってくれるのです。このように、水素水が体によい効果をもたらすことは、否定しようのない事実。

しかし、水素水の健康効果は飲んですぐに実感できるものではなく、長期間飲み続けて体質を改善していくもの。たとえばダイエットの場合、水素水によって体内の代謝が活性化することで徐々に痩せやすい体質が作られていくので、ダイエット効果が実感できるまでには少なくとも2ヵ月はかかります。

1ヵ月ぐらいでは目に見える効果があらわれないので、水素水を飲んでみたけど効果なしだった、という噂が出やすいのです。水素水を毎日根気よく飲み続けることで、その嬉しい効果はいつか必ず実感できるのです。

市販の水素水が、効果なしの場合も?

水素水自体には、活性酸素を除去する働きがあるので、飲み続けることで私たちの体に期待どおりの効果をもたらしてくれます。

しかし、ここで重要なのは水素水の選び方。市販されている水素水がたくさんある中、実は、水素濃度がかなり低いもの、ほとんど水素が入っていないものなど、まるで効果なしの水素水もあるということです。

水素は目に見えないので、その水素水に本当に水素が入っているかどうかは見極めることができません。専用の水素濃度判定試薬などで確認するしかないのです。

aba

水素水選びは容器と水素濃度をチェック

水素は、宇宙一小さな分子のため、逃げやすいのが特徴です。ガラスやペットボトルはすり抜けていくので、これらの容器に入っているものはNG。

水素水はアルミパウチやアルミボトルに入ったものを選びましょう。アルミ容器でも開封後は時間とともに水素濃度が低くなっていくので、なるべく早めに飲み切ることがポイントです。

また、商品には水素濃度が表記されていますが、効果のある水素水として定められているのは0.8ppm以上となっています。ですから0.8ppm以上の数値のもの、できれば1ppm以上のものがおすすめです。

まれに、パッケージに濃度の表記がないものがありますが、そのような商品は効果なしの水素水と判断して、避けること。水素水を飲むと大志が良くなるのでいつもより、トイレが近くなります。

トイレの回数がふだんより増えていたら、水素の効果が得られているということになりますので安心して続けられますね。

水素水は熱を加えると効果なしになる

水素水は、水素濃度がしっかりある正しいものを選んで根気よく長く飲み続けることで、嬉しい効果が必ず期待できるのですが、水素 […]

続きを読む